スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植日決定

先月20日に少し遅いリセットをし、移植周期に突入しました!
エストラーナを決められたとおり、忘れず貼っています
それにしても被れる~っ(涙
前回貼っていた部分と、被れている部分は避けて貼る…と言われても、だんだん貼るところがなくなってきました
そのように看護師さんに訴えたところ、「あとちょっとなんで頑張ってください!」ってことだったので…頑張りますよっ

先週金曜日に血液検査&診察に行きました。
血液検査の結果は、具体的な数値はわからないけど問題ないということでした。
多分E2とPを測ったのだと思います。
そして、この日の診察は、私の大好きな先生でした
前回違う先生に当たってしまい、予想外の提案をされ、混乱してしまったのですが、「G先生はどうお考えですか!?」と単刀直入に聞いてみたところ、

胚盤胞は二つあるので、今回はとりあえずそのうちのひとつを戻す。
そしてもし結果が出なければ、次回、初期胚を全部融解して…という前回S先生から提案のあった方法を取る。


ということでした。
なので、そのようにさせてもらうことにしました。
この日、G先生の予約を取れて、本当に良かったです。
スッキリしました。

その後、判定日まで使用するプロゲストン錠とデュファストンとエストラーナをもらって帰ってきました。

移植日は11日。
その3日前である明日、培養液内膜刺激療法(ST療法)を受けます。
SEET療法(リンス療法)と同じような感じですが、SEET療法は採卵1回につき1回しかできず、私は始めての移植ですでに受けているので、もう受けることはできません。
それに対し、ST療法は単なる培養液(その中で胚は育ってない)を注入して内膜を刺激する方法だそうで、回数の制約がなくなるというわけ。
目を見張るほど成功率がアップするわけではないけど、少しは効果があるみたいです。

判定日は今月21日。
遠いようで近い…近いようで遠い…。
あまり気にしすぎず、その日を待ちたいと思います。


あぁ、それにしても今日はお腹が痛い
スポンサーサイト

テーマ : 赤ちゃんがほしい - ジャンル : 結婚・家庭生活

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。