スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮鏡検査

完全に生理が終わってから排卵までに、ということで、本日子宮鏡検査を受けてきました。

卵管造影はめちゃくちゃ痛かった!という印象が強く残りすぎていて、子宮鏡検査の記憶はさっぱり。
なので、きっとぜーんぜん痛くないんだろうと安心しきっていました。
準備をしてくださった看護士さんともそんな話をしていたのですが、
ちょっとお腹が張るような感じがするかも、とか、カメラはすごく細いけど、それでもちょっと痛みがあるかも、などマニュアル的に説明を受けました。
実際受けてみて、確かにそのとおりでした。
ちょっと痛かったー。
終わってすぐ先生から結果のお話。
あわせて、先日受けた血液検査の結果も聞きましたが、いずれも特に問題なし。
予定通り次回リセット後に移植ということになりました。

今後の予定は…。
今周期は、ちゃんと排卵したかどうかのチェックだけさせてください、ということで、23日目辺りに診察に行くことになりました。
その日に次回リセット日から使う貼り薬をいただくそうです。

私の記憶では胚盤胞があと二つ残っているはずなのだけど、今日の話だと1個しかないみたいでした。
あれ??と思ったけど、今まで見たこと無いせんせいだったので(しかもなんだかチャキチャキした感じの先生だったので)質問することができず(汗
次の診察はお気に入りの先生の予約を取ってあるので、そのときに忘れず質問することにします。

今日は抗生物質をいただいてきました。
食後三回分。
なのに、夕飯後いきなりすっかり忘れてて、ご飯後6時間以上経ったついさっき飲みました。

私の通うクリニックでは、診察は医師をある程度選ぶことができるのですが、今日みたいな検査だとか移植だとかは選ぶことができません。
慣れていない先生ってちょっと緊張してしまうし、改めていつもの先生がいいなーって思ってしまいます。
スポンサーサイト

テーマ : 赤ちゃんがほしい - ジャンル : 結婚・家庭生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。